“自分自身を生きれて来れなかった”あなたへ「本当のあなたってどんな人? 何が好きで、何が嫌い? そして真に望むモノは何?」

生きづらい、自分の価値がわからない、虚しい、孤独、消えたい…居場所がない、アダルトチルドレン … 独りで そんな想いを抱えてませんか。 わたしと一緒に あなたの潜在意識の底の”本来の あなた”に逢いに行きましょう。 あなたの真の願いに触れる為に。 そして あなた自身に戻る為に。

物を持つより体験を

体験経験を多くなるほど、幸せ。

綺麗なモデルルームに緊張して存在して、Instagramの写真の中で生きるより、生活感のある雑多なところもあるけど、それがあなたの個性、そんな家に住む方が、幸せ。

 

本当の体験はお金で買う物ではないと知ってることが幸せ。もちろんたまには演習でリッチにしても楽しいけどね。

完璧主義は、自分の存在を赦せないあなた自身が

価値を見いだそうとして足掻いている証拠。 これだけしたら、 ここまでしたら、 わたし、居てもいいですか わたし、存在してもいいですか そう赦しを、他者に自分に求めてる。 これをしたから赦してください、って。 今、居てはいけない、って言われてなくても。今、あんたはダメだ、そう直接言われてなくても。 完璧じゃなきゃ、 尽くさなきゃ、赦してもらえない。 だって、 わたしは汚いから わたしはダメだから わたし居たらいけない気がする わたしが居たら迷惑がかかる わたしが側に居たら大切な人が不幸になる だから倒れるまでやり続ける。 内から駆り立てられる何かに追われてながら。 逃れられない。 だってその声は、わたしから出てくるから。忘れられない、誰かが見張ってる感じがするから。 やってるのに、やったのに、 どこまで行っても満足感はない。 憔悴感だけ、虚しさだけ。   だから止まったらダメ。 手を止めないで! 休んだらなんて声に耳を傾けないで! 走り続けなきゃ。 だってもし立ち止まってしまったら 感じるの、聞こえてくるもの。 わたし生きていていいのかな 居る意味あるのかな それ、聞きたくないの。 わたし死にたい訳じゃない。 でもわたし、消えたい。 その方がピンとくる。 誰にも知られずにそっと…消えたい。 走らなきゃ、 走らなきゃ、その声から逃げるために。 完璧主義の人はこんな内面を抱えているのではないでしょうか。 これは辛いよね、本当に辛い。 生きとし生けるもの、存在する全ての物、 それは存在あってのもの。 その根底を認められないなんて、 それは死ぬより辛い。 わたし達心理セラピストが導くのは あなたが逃げようと足掻いている声の先。 その声が産まれた理由。 どんな物事にも、どんな存在にも存在理由、意味がある。 あなたを追いかけてくるその声は確かに辛い。 が、その声にも、あなたにも、存在する理由を聴いてあげる。 存在を認めること、それがセッションですること。 確かにあなたは、 あなたを否定する声と向き合うから、 やりたくない、いやだ、そう感じるかもしれない。 しかし、向き合うとは、 その声すら愛すること、なんだよ。 喧嘩するでも、否定する、でもない。 愛の始まりなんだよ。 ハエがいたら害虫と排除する。 しかしハエがいなきゃ草原はフンだらけになってしまう。ウジ虫がフンを分解し微生物が更に分解して草は初めて栄養に出来る。害虫と排除するのは分断の道、ハエの自然界での役割を見つめていくのが循環、愛の道。 最初は怖いかもしれないけれど、 セッションは愛の道。 あなたがあなたの中のどんなことも受け入れいくことから始まる循環の道。 そう感じていただきたい。 ❏ 最新のお知らせNEW  右矢印 自己回帰セッションお試し一回がコロナ禍でリモート限定に伴い、   通常35,200円→30,000円中!! ❏ プロフィール image 右矢印略歴・セッションで使う療法 右矢印心理セラピスト”あらた”の特殊能力 ❏あらたからあなたへメッセージ 右矢印あなたが本当に還りたい場所へ 右矢印アダルトチルドレンのあなたへ ❏ セッションメニュー ◆心を癒し、 「あなた自身の生きる力を取り戻す」 右矢印【心理セラピー詳細】! ◇癒しから自己実現へ 「あなたの生きる意味を見つけ出す」 右矢印【自己回帰セッション】詳細!   ◆参考コラム 右矢印心理セラピーと自己回帰セッションの違いって?

本当の安全とはなんでしょう?

わたしの前、またはメールなどで、

今まで感じたことのない、ざわめき

ざわざわした感じ、

落ち着きのなさ、的な何か、

を感じるクライアントさんがいます。

 

 

 

ざわざわする、

何か今迄とは違う、未知なる何か、

と言われたら、

それは安心出来ないことのように感じるかもしれません。

 

 

 

しかしそれこそ、あなたの本心からの囁き、揺らぎ、によるものです。

わたしが今までの体験からですが、

クライアントさんの本心を一番恐れているのはご本人だから。

 


なぜか。

自分のありのままを認める時に起こること、それは、

自分の幼児性からの肥大化した自分や、

理想像、または自分が逃げてきた課題と向き合うことになるからです。

トラウマなどにより、ずっと心を閉ざしてござるえなかった人は閉じこもっていたので経験が足りません。

経験がないため、自信がありません。

だから自信がないのを隠す為に肥大化した自己や理想像に固執しがちになるような傾向があります。

 


しかしプロ野球やサッカーの試合をテレビで観て評論家になることと、実際にプレーすることは違います。

本当に野球やらサッカーをするなら自ら練習し、試合に出て練習と体験を積み重ねるしかないのです。

 


また閉じこもってきた人は

他人にやってもらうことをしてきたので

してあげる、と言う発想がなかなか生まれにくいです。

が、これもするしかないのです。

 


なぜなら真の自立した人間関係はフィフティフィフティの上に成り立つ、

してあげる、してもらう、共生とはそう言うことですから。

 

 

 

最後に重要なことを言っておきます。

 


だからあなたは悪い、と言っているのではありません。多分、この文章を読んで責められた気分になりがちな方はそうした傾向にあるのかもしれません。

経験が足りないことは悪いことでもなんでもなく、経験値がない、だけだからです。

しかし足りない自覚があるにもかかわらず、やらないとしたら、それは故意になりますから、ちょっと勇気を持ちましょう。

 


またあなたは見栄を捨てた自分自身をみっともない、やら、ダメだ、と思い込んでいるのかも知れません。

 


しかしそれは違います。

それこそ、一番ダメです。

そんなこと、思ってはいけません。

 


慣れてないだけで、

あなたがありのままで、

あなた自身を受け入れ、

懸命に生きていたなら、

こんなに素晴らしく美しい姿はないのです。

それこそ、唯一無二なあなた、であり、そして人間同士の見栄の競争から抜け出した姿なのだから。

 


だいたい理想と思った姿とは

それこそ誰か他人のコピーなんだから

あなたじゃないじゃない。

 


あなた自身になって初めて、

人として美しい。

(顔やスタイルとかじゃないですよ)

 


それと自分の欠点は長所と同じエネルギーです。それが、あなたの個性であり才能になる宝物です。

使い方で長所=自分軸になり、あなたの生きる力になれば、自分を放棄したら悪く光る。つまりは欠点になるんです。

 


欠点や弱さを無視することは

あなたの個性(長所や才能の種)を無視することです。

つまりはあなた、は、

本来のあなたから逃げている、となります。それは本当の安心でしょうか。

 


なぜなら本当の安心とは、

あなたを認めてくれる存在が居ることだから、です。

 

 

 

 

人間が一番後悔することってね

ま、いっか

次にやればいいか

明日から、

またでいいや

わたしは無理だから、いいや

 


そうした日常の小さな自分との約束

(ルーティーンとも言う)

または

面倒だなぁって流しちゃう

それ、なんだから

 

 

 

出来ない頃になって、

ふと

あれをやっていたなら…

続けていたなら…

始めてたら…

 


って思うんだから。

 

 

 

わたしは幸せな人生とは

後悔しない人生だと思います。

 


苦労しない人生でもなく、

失敗しない人生でもなく、

物事が仮に未完であろうが、

自分は自分でやり切ったな、と振り返って自分自身を誇れること、が、幸せでしょう。

 

 

 

夜中にふと襲ってくる後悔があるとしたなら、それはあなたが出来るのに(成功するか、ではなく、チャレンジすることが出来ると言う、出来る)やらなかったこと、なのだから。

 


チャレンジしなければ、

経験は出来ず

経験値を地道に積み上げなければ

成長はなく、

成長がなければ真の自信は産まれません。

 


自信がなければ、

自分への誇りは生まれない。

つまり自尊心は育ちません。

自分に自尊心がなければ、


他者を本気で尊重することは出来ません。

 

 

 

自尊心があるならば、

他人の幸せを、

やっと心から祈れることでしょう。

 


自尊心を持って生きること、

それがこそ、自分のあるがまま生きることだし、他者のあるがままを受け入れる一歩です。

 

 

 

故に、

幸せは自分でやる責任が自分にあります。

他者は幸せにはしてくれません。

繰り返しますが、

自分で行動し、経験値(失敗も成功も)を積み、成長しなければ、幸せを感じることが出来ないから、です。

 

その為に、わたしは何度でも言います。


自らの足で歩きましょう。

わたしは同じことを何度でも言うしか出来ないのです。たとえ、あなたのことをあなた以上に想っていたとしても。

期待をせず、ただあなたがいつか分かってくれることを願って信じて待つしか、出来ないのです。

 


なぜなら主役はあなた、なんだから、、

あなたの人生の主役はあなたなんですから。

 


なお、あなたはいつも〇〇さんが、

△さんが、と言っているのに気づいていますか。

 


違いますよ、わたしが〜

と物事を捉える時に自分を主語にしてください。そうしなければ責任をとらなくてすむ子どものままです。

 


自分自身の責任は負わねばなりません。

 


他者に背負わせてはいけない。

それぞれがそれぞれの責任を背負うなら

誰も倒れたりしない。

それこそが平等の世と言うものです。

 


勘違いしないで欲しいのは、

あの人の方が軽い、楽だ、とうらやんだり、比べたりして、責任を均等に割り振ることではありません(ですが、今の日本の特に教育現場はこれですね)

 


それぞれがそれぞれに似合った責務を負う、これが真の公平な世の中です。

 

 

 

自信がないのは自ら責任を負った経験がないから、です。

ならば経験を重ねなさい。

 

 

 

あなたがその経験を重ねた暁に、

きっとわたしはそちらに行きますよ。

あなたの生きた大地に挨拶をしに。

 


今を大切になさい。

今、の積み重ねが人生なのだから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わたしの周りにいる”イヤなことを必ずする人の心理”そしてその対処法

わたしがイヤだってことを

しつこくしつこくしつこくする
あの人…
 
攻撃ってことでもなく
やめてね、ってことをする程度の場合。
 
 
例えば、
寝る前に電氣は消して
靴下は丸めたまま、洗濯機に入れないで
 
そんな些細な、
でもあなたにとっては
かなりガツーンと苛立つこと。
 
 
なんで、簡単なことじゃない。
なぜ、しないの?
 
 
それは、甘えだから。
 
 
おーれーをかまってー♬
かまってー
かまってー♩
おーれーは居るんだー
存在してるーーーー🎶
 
 
と言う犬のオスが電柱にオシッコ
ひっかける、あれ、です。
アピール、です。
 
 
なんで、あなたが嫌がれば
嫌がるほど、燃えて必ずしてきます。
 
 
げー!!( ´Д`)y━・~~
 
無視しましょう。
あなたが反応するから、
やってくるので。
 
ま、不精な場合もあるけどね。
甘え+不精とか混合。
 
 
んでも、反応しないこと。
とにかく。
相手がいなくて一人で居る時もね。
(ここは肝心)
 
今までは
靴下が丸まっていたら氣がついた時に
 
きー(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾
隊長!!またヤツがこんなことを!
うわああ!
昨日あれだけ言ったのに 
なんてことだ
許せない!
腹立つ!
ばかばかばかばか
 
などと、心がざわついていたはず。
独り言か、心で叫んでいたはず。
 
 
それをやめましょう。
 
廊下で靴下が丸まっている、
わたしはそれを伸ばし、洗濯籠にいれた。
 
に、客観的な事実に立場で終わらせ
さっさと対応するだけ、にするのです。
アホな夫の為にイライラして
心のエネルギーを無駄に使うことをやめましょう。
それはあなた、の為にとっておきましょう。
好きな本を読んだことで感動した、とかに。
自分でやるべき基本の作業すら怠けたアホ夫の為に
使うなんて本当にもったいないことです。
 
ヤツの為、と思うから
隊長(?)に報告したくなるので。
 
 
そう、彼ら(女性にももちろん居ますが)
のかまってアピールに引っかかって
無駄にイライラして
エネルギーを消費するのはやめましょう。
そのエネルギーは大切に保管して
あなたの楽しみに使ってください。
 
 
ああ!またや!と
隊長が出てきそうになる前に
 
 
また、かまってアピールしてる
寂しい人ね・・・ふっ
 
 
と、言う魔法の呪文(?)を
唱えてください。
アラブカタブラ、開け、ゴマ
 
 
あと重要なのは(その怠けた)対象者さんが、
あなたにとり大事な人の場合のみ
たくさん愛してあげましょう
話を聞いたり、側に居たりしてあげて
寂しい心を和らげてあげてね。
 
 
また対象者さんがあなたにとって大切でなかった場合、
以下の華麗なスリーステップを踏んでいきましょう。
1、無視、2、距離をとる、3、将来的にバイバーイ♫
 
 

・各メニューご案内・

━━━━━━━━━━━━━━━

「生きる力を取り戻したい」 あなたには

わんわん心理セラピーの詳細はこちら!

 

「本当の自分に還りたい」 あなたには

わんわん自己回帰セッションの詳細はこちら!

 

「セラピストあらた」 から あなたに

わんわんわたしからのメッセージこちら!

━━━━━━━━━━━━━━━━

▶▶▶HPはこちら!!

 

 

 

 

【重要】赦してもいいけど、許してはいけません

赦し(ゆるし)とは

罪を ゆるす こと。
そして咎めないこと、です。
 

 

ですからよく
人を赦しなさい、

 

などと使われているのは、
こちらのこと。

 

 

 

ですが、
一般的に使う漢字は
 
 許す

 

が、多い。

 

 
許しは、
氣持ち、行動、何がしかを
許可してあげることです。

 

 
 

 

親切な人や
自制心が強い人ほど
 
ゆるさなきゃいけない

 

に、許し+赦し

 

の使い方の順番と対象を
間違えてしまって
自分を苦しめているような氣がします。

 

 
先ずは、 許して、はいけないんです。

 
自分に対し、
やっては駄目だと思っていたこと
を、許す(=許可する)は、あり。

 

 

 

ですが、 

あなたを不当に扱った人

あなたを軽んじてきた人
バカにして下げずんできたきた人
 
を許したら、  
 

絶対に

絶対に

絶対に、

 

いけません。

 

 

 

いつの日か、

あなたが自分を取り戻し
立ち直った暁に、
恩赦の様に、
その人物の罪と弱さを 
赦すのは、いい。

 

 

 

しかし、その人の罪を、弱さを

赦しても、その人物や、その人の

行動を許す(=許可)する
必要は、ないのです。

 

 

 

いや、その行動を許し(=許可)
したらいけない。

 

 

あなたの愛情も、
あなたの氣持ちも、
あなたの感情も、 
あなたの想いも、
あなたのアイディアも、
あなたの技も、

 

あなたのしてきたことも、

あなたの時間も、

あなたのお金も、 
あなたのエネルギーも、
あなたの人生も、

 

あなたの”もの”です。

 

 

 

 

奪う人びとに、
奪う許可を与えてはいけません。
 
許したら、いけません。

 

 

永い目で見たら、
奪う人々である彼ら彼女らを
許すことは、

 

彼らの為にも
良くないのですから。

 

断固として、許さないこと。 

 

 

愛を持って時には 
怒る、という手段をしても

 

大切な大切な
世界にたった一人のあなたを、
守ってください。

 

 

 
そんな弱くて、狡くて、
だからあなたから 
全てを奪うことで
寄生してきた憐れな人々を

 

心から、魂から

 

力一杯、許さないこと、です。

 

 

 

 

その不許可は、あなたを守り
そして、いつの日か、
その憐れな人びとが

反省する氣づきになるかも、しれない。

 

ただし、それは愛からの行為だから

一切の 期待なし、です。

 

 

愛とは、すべてのなすがまま、を

受け入れ、赦すことなのだから。

 

 

 

だから、断固として

先ずは 許さない、をし、

自分を守ってから、

 

赦す、かどうか、
今が 時期なのか
まだなのか、を考える。

 

そこが肝心なのだと思うのです。

 

 

 

ですから、どうか先ずは

 

あなたの
愛と
時間と
想いと
人生は

 

あなた自身と、

あなたの愛する人の為に
使ってください。

 

 

 

人生は有限です。 

あなたのエネルギーも有限です。

 

 

 

その自分自身の資産を
何に使うのか、
それをきちんと自己決定すること。
見定めること。

 

 

それからで、いいじゃないですか。

赦し、へ進むのは。

 

 

 

自分を守りもせず
赦しの世界へ行っては
あなた、が、疲弊するだけです。

 

 

 

先ずはあなたがあなたを守ること。
それから、でいいんですよ。
 
※ただし、怒鳴り散らす
八つ当たりをする=怒る、
ではありません。
正しい怒りは、
きちんと自分の意見を整理し、
また相手の立場を慮った上で
静かに冷静に自分の氣持ちを言葉にすること、主張すること、です。
正しい怒りで身を守るのはありですが、
八つ当たりや感情、激情に任せて
ただ盲目に訴えることではありません
 

 

 
 

 

 

・ セッション ご案内 ・

━━━━━━━━━━━━━━━

 

「自分の本心と対話したい」 あなたには


わんわん心理セラピーの説明はこちら!

 

 


「本当の自分に還りたい」 あなたには


わんわん自己回帰セッションの説明はこちら!

 

 「セラピストあらた」 から あなたに


わんわんわたしからのメッセージこちら!


━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

虫が手にとまる男、それは虫のあるがままを受け入れているから

居酒屋放浪の大家

吉田類さん

 

 

 

酒と、居酒屋と、山と
自然を愛する男、です。

 

 

 

吉田さんはサードアイが開いた人、
ご自身を生きている方です。

 

 

 

 
はじめての居酒屋でも

溶け込む技が出来るのは

場を捉える感覚をサードアイから
観ているからだと思います。

 

 

なので、生き物との交流も自然に
お出来になるそうです。 
 
ご自身で、動物とも話せるんだ
と、おっしゃってました。

 

 

 

 

で、です。

吉田さんは虫も好きで
虫の写真コレクションが
あるらしいのですが

 

撮り方が、すごい!!

 

 

 

手のひらに、蝶がとまるのよ。

氣配も消せるから、
とも言ってました。

 

 

そうなんだろうな、

本当の自分に戻るとは

 

 

他人の期待や
植え付けられた常識や
価値観の歪みを脱ぎ、

 

自分自身のエゴを

捨てて、捨てて、 

捨てた先に在るもの。

 

 

だから、氣配を、

つまり自分を消せるのかと

思います。

 

 

そんな吉田さんが

愛するお酒を歌う
この歌が聞いてるだけで 
楽しくなります。

 

 

季節柄、お酒を呑む機会が

増えるかと思いますが 

呑むならこんな雰囲氣で

呑むのだ、とわたしは決めています。