“自分自身を生きれて来れなかった”あなたへ「本当のあなたってどんな人? 何が好きで、何が嫌い? そして真に望むモノは何?」

生きづらい、自分の価値がわからない、虚しい、孤独、消えたい…居場所がない、アダルトチルドレン … 独りで そんな想いを抱えてませんか。 わたしと一緒に あなたの潜在意識の底の”本来の あなた”に逢いに行きましょう。 あなたの真の願いに触れる為に。 そして あなた自身に戻る為に。

銀杏とおじいちゃん、そして長生きした人の叡智と忍耐力

今週のお題「おじいちゃん・おばあちゃん」

お名前は失念してしまったのですが、

ある有名な御住職のエッセイでこんな話を読んだことがあります。
 
毎日御住職は小僧さん(今、言うんでしょうかね…)に任せず、お寺前を毎日箒で掃いているそうで、その際、通り過ぎる人に挨拶するのだかとか。

f:id:nyota323:20200926164033j:image
 
大抵、2、3度笑顔で挨拶をすると、
お互いが自発的に
 
「おはようございます」
 
と言い合えるそうです。
 
 
ところがある日通り始めた中年の男性。
挨拶すると苦味潰した顔をしてズンズン行ってしまったそうです。
 
それから毎日、寺の前を通る。
 
住職は毎日挨拶する。 
 
男性は毎日無視をする。
 
そうかー、

なんや、おもろないこと、あるんやねー、そんな氣持ちで、無視されても怒りもせずただただ、その人のその状態を否定もせずに住職は挨拶し続けました。
そして月日はそのまま流れ10年(ε-(´∀`; ))経ったある日、男性は号泣したそうです。
 
ありがとう、やっと氣づきました、と。
 
わたしが毎日毎日苦味潰した顔をして
周囲に威圧していたことを。
こんなわたしに毎日笑顔で、ただただ挨拶してくださり、本当にありがとうございます、と。そのおかげで、わたしはやっと自分のことが見えました、と。
 
 

 
 
閑話休題
 
 
イチョウのこと、ご存知ですか?
あと少ししたら黄色く色付き始めて
街を黄色い絨毯で埋め尽くしてくれるのが楽しみな わたしです。
 
そんなイチョウ
 
臭いけど、炒って塩をつけるとしみじみ旨い銀杏(ああ、たまらん…熱燗ヨロシク)東京の都木で、
恐竜時代からの化石的木、
なんて色んな顔を持つあの木。

f:id:nyota323:20200926164046j:image
 
庭にある方いらっしゃいますか。
今は庭があるお宅も珍しいですが…。
 
昔、山里の庭木として植えたイチョウ
おじいさまが孫の為に植えたことが多かったんです。
 
成長し、イチョウは実をつけるまで70年程かかります。
植えた本人も、下手すると子どもも実を食べるのには間に合わない。
 
でも、孫が飢えたらあかんからのー、と
じい様が未だ見ぬ孫の為に植えたのです。
きっと植えながらじい様の頭には
美味しそうに食べる孫の顔が浮かんだんでしょう。
 
 
昔、飢饉が何度もあった日本ですが、
山里の村は比較的死者が少なかったのは
そうした知恵と山の恵みがあったからだそうです。
山から離れた村ほど死者が増えていったと昔の台帳の記録に残っています。
 
 

 
 
 
今は情報量が増え、忙しくて、
教育も仕事もひたすら成果を求められてきたから結果をつい目標にしてしまうけど。
 
結果は単なる結果でしかない。
目標なんて、本当はいらないし。
 
それに、そうなるなー、と
自分で決めてしまうと小さいエゴの結果ばかりになってしまう。
 
 
そうなんやね、と
ただ、その状態を受けいれ
ただ、誰かを想う氣持ちで、
見返りを求めずに、見守ること。
それが一番物事を無理なく早く変化させる、そしてダイナミズムに動かす叡智と言えるのだと感じます。