“自分自身を生きれて来れなかった”あなたへ「本当のあなたってどんな人? 何が好きで、何が嫌い? そして真に望むモノは何?」

生きづらい、自分の価値がわからない、虚しい、孤独、消えたい…居場所がない、アダルトチルドレン … 独りで そんな想いを抱えてませんか。 わたしと一緒に あなたの潜在意識の底の”本来の あなた”に逢いに行きましょう。 あなたの真の願いに触れる為に。 そして あなた自身に戻る為に。

セッションの回数目安、そして卒業セッションというものの意味

セッションの回数は例えば3回、6回、とセラピスト側もクールとしての区切りをつけていかないとわかりにくい、というのがあるのでしてはいます。

が、わたしは自分が受けた際に、でも今後何かあった時、頼れる場所があれば安心なんだよなあ、と欲しかったこと、そして一部のクライアントさんには必要だな、と感じたことからその後のセッションを自己回帰も心理セラピーも設けるようにしました。

それは終わった直後はなんだか怖かったりもしますから、その時、ああ、困ったら相談もできるね、という安心感を持って欲しいから、という意味合いも実は結構大きいです。なんだろうな、子ども時代が終わって実家を出て独り立ちする時、

お母さんからいつでも戻ってらっしゃい、そう送りだされるような。

戻れる場所があるから、後ろを向かないで生きていける、というような。

 

もちろん、実践の場、というあなた自身の日常に戻った時、

更に転職であったり、結婚、という大きな課題、新しい課題が出た時に、

共に立ち会っていく、または、伴奏してほしい、そうしたこともあります。

 

どちらでも構わない。

 

うまく自分なりに利用してもらえたらな、と思います。

またその人がしやすい伴奏のサービスを独自に依頼してくる方もいますし、

出来うるならそれに対応したいと思っています。

それにわたし自身の夢もあり、それが実現出来たなら、もう少し取り入れやすいグレーゾーンの形態も考えうるのですが、それには時間がかかりそうで申し訳ないなあ、と思っています。

 

が、しかしね、時間は必要ですよ。

心理療法とは人が精神的に成長すること、です。

それに即効性はないです。断言してもいい。

セッション期間を短くすること、(三か月内に1クール終わらせること)は

可能ですが、その後の働きというもの、余波などを総括して、ということ。

 

本物の醤油は三年寝かせて、熟成発酵をして本来の味が出るものです。

化学薬品によって時間を短縮したもの、それはそれなりの味しか出せないし、

他の自然環境に負荷が出る。周りに良い影響を与え、本物の成長をする、

その為にはそれぞれがそれぞれ本来の固有時間と適切な働きかけ、そして環境づくりが

必須なのだから。

 

人も自然の一部です。

 

ですから勿論、同じ法則(あえて書きますが、これには法則がある)

の下、それは適用されるのです。

 

だから成長する速度はあるし、速いから優秀でも

遅いから良いでもない、それぞれのテンポとやり方があるしやり方がある。

あなただけのやり方なのだから、わたしはこんなに、とか

私は遅い、とか他者と比べないでください。

あくまで見ていいのは、過去のあなた自身だけです。 

 

 

こちらとしても、セッション終了後、

わたしとのセッションをするより、似た性質の仲間と寄り添い合う方が

ちょっとたまに怠けそうだけどその二人にとっていいのかな、と

思えばそちら同士を繋げますし、時折迷ったら自分のタイミングでまた、

とした方がその人によいならそう呼びかけます。

その時折、で来てもらって良いわけで。

 

あなたがよりよく成長するやり方に正解も不正解もありません。

あなたが花開くよう、生きれたらいいじゃないですか。

それはまた自己成長はここでいいのだ、とそこで維持にとどまるのも、

またその人の選択だろうし。

 

だからもしセッションで、たった数回で、とか、

この三か月で、などクライアントさんを一律に効果が出せる!

そう宣伝してるコーチやらカウンセラーがいたら、わたしは受けないですね。

そんなやり方は、クライアント中心ではなく、コーチ中心なんですから。

コーチがこうなって欲しい、というやり方じゃなければ、

そんな一律に同じような期間、回数でどうして結果が出せるのでしょう。

ですからそうしたコーチカウンセラーは文章を全体で眺めてると、先生にあたる人、その人自身、そしてクライアントさん、見事に同じ雰囲気を発してる。

つまりは劣化した自分自身を量産してる訳です。

これが自己啓発やらカウンセラーやらスピリチャルであろうが、

受けた方もカウンセラー側も似たような文章とオリジナルと言いながら

似たり寄ったりのサービス、文章になるカラクリです。

 

冒頭に戻りますが、

受ける側もやる側も目安は必要なので、基本のワンクールの回数はメニューとして書いてあります。

メニューってそういうものだ、と解釈してもらえたら

ありがたいです。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

❏ プロフィール
❏あなたへメッセージ
❏ セッションメニュー

◆心を癒し、

「あなた自身の生きる力を取り戻す」

 

右矢印【心理セラピー】詳細は こちら

右矢印コースご案内は こちら

 

◇癒しから更に先へ
「あなたの人生の意味を問う」

 

右矢印【自己回帰セッション】詳細は こちら

右矢印 コースご案内は こちら

 

◆参考コラム

 

右矢印”心理セラピー”と”自己回帰セッション”の違いって?