“自分自身を生きれて来れなかった”あなたへ「本当のあなたってどんな人? 何が好きで、何が嫌い? そして真に望むモノは何?」

生きづらい、自分の価値がわからない、虚しい、孤独、消えたい…居場所がない、アダルトチルドレン … 独りで そんな想いを抱えてませんか。 わたしと一緒に あなたの潜在意識の底の”本来の あなた”に逢いに行きましょう。 あなたの真の願いに触れる為に。 そして あなた自身に戻る為に。

【再掲載】還りたい場所へ

幼い頃から、

ここは本当の家ではなく、
別に還る場所がある、
そう漠然と思ってきました。

何故かというと家で
自分の存在価値が見出せなかったから。

だから生家でも、
友人間でも、会社でも結婚しても
常に常に相手に奉仕し続けないと
居てはいけないのだと思って
自分をないがしろにして生きてきました。


走れなくなる、その日まで。


倒れて、ふと自分が
何を求めているかすら
わからないことに氣がつきました。


わたしの好きってなに?

わたしってなに?

わたしのしたいこと?


すべて答えられなかった。


それが進むと
朝起きること、
考えること、
生きることすらいやになりました。

好きな料理も作れなくなりました。


なんでこんなに
生きづらいらいのだろうか。
やってもやっても
報われないのはなぜだろうか。


そんな思いを胸に、
ある時は自分を責め、
ある時は人を羨み、

そうやって今まで
生きてきたことを
ぼんやりと思い出しました。


たぶん子ども がいなかったら
そのままだったかもしれません。
子ども の為に氣力を振り絞り、
生きなおす方法を探し始めました。


整体、東洋医学、心理学の本、
哲学、社会学、手あたり次第。
理屈はわかる、
わかるけど感情が動かない…


だったら、いっそ
カウンセラー養成講座に通おう。
わたしがわたしの
カウンセラーになればいい。
なぜか分かりませんが、通わなくてはいけない氣がしました。



講座の中でアダルトチルドレン
あったことの再確認。
 
その中のスケープゴート(※)として、
両親の癒されない心の傷を、
自分が受け止める役割を家庭内でしていたことに氣づきました。またケアワーカー(※)であったことも。

アダルトチルドレンの五つの役割の一つで、
スケープゴートは問題児として他者の罪をも背負う役割。
ケアワーカーはお世話係として自分以外の人のことばかりしてしまう。大抵は主とした役割とサブになる役割の混合のパターンが多い。


家長制度に縛られて、
長男長女だけを
溺愛した祖父母への
末っ子だった母の
苦しみ、憎しみ、悲しみ、愛。


戦前戦後の混乱期、世界の価値観の激変
病弱だった祖父が家族を守りきれず
病死した父の喪失感、苦しみ、愛。


そして
わたしが心からしたかった仕事、
わたしが居心地良いと感じる夫、
わたしが安定した愛着の関係を築くことの出来る友人たち
 
 
という
わたしが主体の考えではなく、

生家の家庭内での役割と同じ人生劇場になるため、自ら周りの配役をそろえ、
繰り返し同じ役割を演じていたことを。


だったら
わたしが望んでいるものって 
いったい何?

本当の自分の欲しているもの?
本来のわたしってどんな人…?



養成講座の前に受けたカウンセリング、
講座後に やはり 
この人だと受けたカウンセリング。
その後は自分で自分のカウンセリングをしながら その度に湧き上がる感情に対し、
わたしは ひたすら自分との対話を続けました。


そうしてワークと呼ばれる
潜在意識の書き換えを行っていた時に
これは自己啓発からカウンセリング、
スピリチャル等で行っている
潜在意識へのアプローチとは 
すなわち量子力学の現象なんだ、
と閃きました。
昔、遥か10代の頃の わたしを捉えて離さなかったこの番組、アインシュタインロマンが再び頭の中で鳴り響きだしました。


潜在意識アプローチを量子力学で説明して
体系的に教えてくれる人がいるはず!
そうして量子論から見た意識と身体の使い方を教授してくれる先生に出逢い、
その先生のセッションとコーチング養成講座の中で、本当の自分自身へ還る意味が理解出来た時、わたしがなぜその両親を選びその役割をしてきたかを腑に落とすことが出来ました。


存在否定、女性性の否定、
今もわたしを苦しめている両親の行い。


両親自身が抱え、消化しきれない
苦しみ、悲しみ、怒り、愛情も、
それは長きにわたった先祖からの
負の遺産であること。

彼らも同じように傷を負い、
泣いてきたこと。


そして彼らとわたしが違うのは、
それを終わらせることが力が
わたしにあるということ。

だからその親を選んだのだ、ということ。


つらい体験だったけれども
その体験すらにも意味があった、
ということにも。


そう、人生に無駄は何もないのです。


一瞬、一瞬、に意味がある。

そしてその積み重ねが
人を創るとするならば、
価値がない人間は  
一人もいないと
言えるのではないでしょうか。


そして わたしがずっと還りたかった場所も見つけました。
 
わたしが幼い頃から
探していた還りたい場所、 

それは”本当の自分自身”でした。



あなたの好きな物はなんですか

あなたがして、楽しいことはなんですか

あなたが本当に一緒に居たい人は、
誰ですか


そしてそう、
もしあなたが今まで
沢山傷ついてきたのなら
 
それは、

あなたが駄目だったからでもなく、

あなたが悪かったからでもなく、

あなたが弱かったからでもなく、


あなたが今ある物事を受け入れ、
認め、赦し、最後は 
全てを愛せる力を持っていたから。


だから周りの人間は、

あなたに甘えたのです。
あなたに頼ってきたのです。


だから傷つけた人たちよりも、
本当は、あなたはずっとずっと強い。



本来の自分に還ったあなたは、
きっと光り輝く。


どうぞ 
本当のあなたを取り戻し、

あなたしか歌えない歌を歌ってください。
あなたしか出来ない輝きを放って、
あなたの周りを照らしてください。



長く還らなかった分、
時に遠くて険しい道のりだけど、

でも二人で歩けば、
ひょっと近道が見つかるかもしれません。
そう二人で歩けば、
果てない道も短く感じるのだと思います。


しばらくわたしは、
自分だけ還れれば良いと
自分に嘘をついていました。

長い時間、堂々巡りをして
やっと

「違う、同じことで
苦しんでいる人と肩を並べ、
手を繋ぎ、共に歩いて行きたいんだ」

そう氣がついたら、
また、本当のわたしに
一歩近づきました。


だから、

還りましょう、一緒に、
還りましょう、和多志(わたし)に、
還りましょう、手を取り合い、
還りましょう、本来の自分に。

還りましょう、他でもない此の世に、
たった一人の尊いあなた、に。


今のあなたを否定する必要はないのです。
今までの努力や苦労や悲しみが無駄になる訳じゃない。
今までの過去の全てを受け入れ、
そして無視せざる得なかった
自分自身の声にこそ、耳を傾けて。
 

だからもう、
他人の荷物は背負わなくていいんです
あなたが あなたの為に生きていい。
あなたが あなたを大切にしていい。
 
そして命すべてを大切に。
己が命と同様に他の命も愛してください。


一緒に行きましょう。
最後まで 側にいますよ。

あなたがあなた自身の力で、
還り着く、その日まで。


レゾナント心理セラピスト  あらた
 


著作者:StephaniePetra