“自分自身を生きれて来れなかった”あなたへ「本当のあなたってどんな人? 何が好きで、何が嫌い? そして真に望むモノは何?」

生きづらい、自分の価値がわからない、虚しい、孤独、消えたい…居場所がない、アダルトチルドレン … 独りで そんな想いを抱えてませんか。 わたしと一緒に あなたの潜在意識の底の”本来の あなた”に逢いに行きましょう。 あなたの真の願いに触れる為に。 そして あなた自身に戻る為に。

【無償セラピーのご案内】2月13日の福島県沖地震にてPTSDを喚起された、あなたへ

わたしは心理セラピストとして、

(自己PR及び療法など>>>こちら

今回、ささやかではありますが

そしてまた一回では、

なかなか癒しきれないかもしれませんが傷は新しいうちの方が反応しやすいです。

ほんの少しでも心と身体が軽く息がしやすくなって頂けたら、と。

 

災害ボランティアの一環として、

無償カウンセリング・心理セラピー

を募集させていただきたいと思います。

 

※カウンセリングは傾聴を中心としたもの、心理セラピーはワークというより積極的にセラピストが心理療法の技を出していく違いがあります。ですが日本ではカウンセリングの方が一般的なので並列で書かせて頂きました。

 

 

 

災害直後はとにかく命第一ですが、

しばらく経ってからやること、

それは心のケア、です。

 

なぜなら物、状況、生活スタイル、

そして命、それらの突然の喪失は多大なる被害を心にもたらすから、です。

 

 

なぜ、わたしが。

どうして突然…。

わたしが生き残ってしまった。

あまりに大きな自然の力。

なす術もなかった…

いきなり消えた大切な物、街、あの人。

 

 

そうしたものによる氣力の低下、

やる気の喪失、虚しさ、悲しみ、怒り、

それらが体の症状として、不眠、イラつき、涙が流れる、無氣力、誰とも会いたくない。表情が固まったまま、震え…。

 

それらは、男性でも、大人でも、

いや誰でも、あって当然のことです。

 

 

それでも、それだから、生きていく。

明日に向かって立ち上がる為に必要なこと。

 

それは希望、です。

希望が生まれるのは心です。

だからわたしは心のケア、寄り添いをご提供したい。

そしてそれを持って健康な体と心、安全に生活する場、交流することが街の、あなたの復興への一歩だと感じるから。

 

それがあってはじめて生活(家、学校、街)、仕事(田畑、工場、職場、等)

再建していく方に向かえる。

再建する為に必須なもの、

それは前向きな氣力であります。

そしてその氣力を産み出す為には、

ショックを受けた心に寄り添う必要があります。

 

もしご興味がありましたら、

下記よりお申込みくださいませ。

 

 

 

 

1)必要な物

 

静かな場所。

 

スカイフォン

わたしが推奨させた頂いている通話アプリ

(日本製・ユーザー登録不要で無茶苦茶簡単です)

 

 👇

①SkyPhonダウンロード方法

②番号取得

 

 

2)応募資格

今回の無償セラピーは東北在住の方で、

地震による過去のトラウマが喚起された方。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 
 
3)お申込み
お問い合わせ欄に、
身体の悩み(不眠・震え・だるい・動悸)、誰にも言えない辛さを誰かに吐き出したい、などご要望を簡単にお書きください。
 
また希望日時を第三希望まで書き添え、
以下のフォームからお送りください。

 

一回、お一人様一時間半程度、
と考えております。
 
※その方の状況により若干の前後はありますので余裕ある時間を持ってお申し込みください。
 
※お互いの良い日時をすり合わせていきましょう。
>>>こちら
 
どうぞよろしくお願いいたします。
必要な方に届きますよう。