“自分自身を生きれて来れなかった”あなたへ「本当のあなたってどんな人? 何が好きで、何が嫌い? そして真に望むモノは何?」

生きづらい、自分の価値がわからない、虚しい、孤独、消えたい…居場所がない、アダルトチルドレン … 独りで そんな想いを抱えてませんか。 わたしと一緒に あなたの潜在意識の底の”本来の あなた”に逢いに行きましょう。 あなたの真の願いに触れる為に。 そして あなた自身に戻る為に。

再加筆 ”マインドフルネス” 瞑想などに関して

なんとなく耳を掠めてはいましたが

素通りしてきた、
 
マインドフルネス
まあ、瞑想とか、座禅とかですわ。
横文字で言わんでも。
更に平たく言えば、脳の雑念をストップさせ、より出来るなら脳を空に近づけていく。(真逆の行為がスマホいじりです。)
 
グーグル様やらアメリカの企業が
社内研修に取り組ませているもの。
 
これが上手く行くチームは
生産性が上がる⤴️とか。
 
 
グーグルの社員ということは
頭はすでに大変良ろしい方々が
更に才能を発揮する為に必要な心構えが
マインドフルネスのような意識の
問題だと言う訳です。
 
 
 
これにまつわる名言は
 
自分の中を検索しろ
ーbyグーグル(おい…)
 
{34ED86EF-45DE-4CC6-BF5C-D5C08DDB824D}
 
ま、本当だ。
 
そう、マインドフルネスとは
自らの感覚を取り戻して
自分の中を検索することと言えましょう。
 
 
わたしはこのブログのヘッダーを
海に潜る人魚たちにしています。
 
それは、誰しもその人のうちには
豊かで広々とした海を=潜在意識
抱えていると感じているからです。
 
 
今や、陸地は大体が
未開ではなくなりましたが、
深海は宇宙と同じくらい
わからないことだらけの
フロンティアと呼ばれているように。
あなたの中には様々なモノが内在している。それを意識上へと浮かび上がらそう、と。

{F301BF97-EF15-49AE-85D9-78613FB36148}
 
 
 
はい、いつものごとく話がずれました。
 
 
今、企業では鬱病対策から
生産性の向上から
心、意識、マインドをどう扱うかが企業課題になっています。ざっと耳にするだけでも鬱での休職も多いですね。
 
 
どうして、そうなってしまったか。
 
散々生産性が向上とか書きましたが
その追求の度合いが
いけなかったと思います。
 
 
  • 生産性が向上
  • 合理的な物事
  • 無駄を省く
  • 常に意味あること
  • 役立つこと
  • 何かをしていなくてはいけない
 
 
スケジュール表は、
埋まっていなくてはいけない
貧乏暇なし
 
ぼんやりしていたら
ぼーっとしてる暇があるならば
 
やらねばならぬことがあるだろう
そうやって追い立てきた。
 
 
 
社会が大人を
大人が大人を
大人が子どもを
子どもが大人を
大人が他人を、社会を、国を
 
 
時代が進むにつれ伝播の方法が
広く速く、そして瞬時に加速していく。
 
 
口から口の噂から
新聞の様な出版
テレビというメディア
そして、ネット。
更にパーソナルパソコンを経て
 
マインドフルネスを実行するとしたら
その情報の波を、あえて意図的に断つ
ということになるでしょう。
 
 
ぼーっとして
自分の中を検索する為に。
 
 
脳科学ではその時の脳の働きを
デフォルト  モード   ネットワーク
と言い、脳の中の「感情」や「運動」「記憶」などをつないで束ねる脳内最大のネットワークと言われています。

だからクリエィティブなことをする為にはこのモードになる必要がある。

 

ただし、

この「デフォルト・モード・ネットワーク」だけは、不思議なことに、本を読んだり勉強したり、何か特定なことに目的を定めて考えているときは活動が低下し、反対に無目的で何も考えていない時だけ活性化しています。いわば脳がアイドリングしているときに、一番活発に働いていることがわかっています。(「脳を鍛える茂木式マインドフルネス」世界文化社より)

故に、デフォルトモードになる為には瞑想の様な空っぽ、空になる時訓練が必要です。わたしのような職業(潜在意識や身体の声を聴く)は、この鍛錬が欠かせません。自分でも毎日しますし、身体の鍛錬は週一で行います(ヨガではありません。ヨガ、巷の瞑想は危険が多いので、わたしは推進はしません)
 
 
上記にも書きましたが、
スマホの使用は、脳にとっても身体にとっても、真逆する行為なので要注意です。必要最低限の使用をしたらスマホは触らないこと、覗かないこと。
ましてや通勤の電車内や、手持ちぶたさの時のスマホ、は脳内を余計な脳内の疲れと眼精疲労を招くだけです。氣分転換になると思われがちですが、神経系統が疲れるだけでタバコの害と同じように害は大きい。
 
 
 
 
そして人工知能が人を超えるのは
2045年と言われています。
人が人工知能を超えられるのは
感覚、感受性かと思います。
 
 
 
AIの独創的なレシピに対して
 
「それを食べて
美味しいって思えるのは
人間だけだ」
 
と言っているとか。
それも、もっともだと思いました。
 
 
 
だから誰かと会う時は
スマホはしまいましょうよ。
机に出したりしないで。
 
その場に居る人と
感覚を共有しましょうよ。
その人との時間を大切に
しましょうよ。
 
 
  • あの日バカみたいに
  • 笑いがとまらなくなったこと
  • 一緒に協力してかいた汗と達成
  • 繋いだ手のぬくもり
  • あの人の笑った声の響き
  • シャツの匂い
  • 二人だけにしかわからない
  • くだらない、けど大切なフレーズ
  • 寄せた肩の安心感
  • ふと見上げた空の広さ
  • 一緒に聴いた蝉の声
  • 打ち上げ花火の空氣の振動
  • 花の香り、風の感触
  • 一緒に食べた料理の味
  • 追いつこうと駆け出した心臓の鼓動の速さ
  • 笑いまくった後の心地よい虚脱感
  • その人の歩くテンポ
 
 
大切なあの人と、この人と
ずっと記憶に残る宝物は
こんな感覚と一緒に存在して
あなたの中に生きている。
 
 
別の角度から言えば
マインドフルネスとは
感触を取り戻し、感じ切る時間を
自分に与えること
 
 
 
感じ切ると、
一人でいること=孤独
ではないと、わかるんだから。
 
 
感覚を手放したらだめだよ。
 
たかが成績のために
たかが会社のために
たかが見栄のために
たかが他人のために
 
 
 
 

・ セッション ご案内 ・

━━━━━━━━━━━━━━━

「自分の本心と対話したい」 あなたには

わんわん心理セラピーの説明はこちら!

 

「本当の自分に還りたい」 あなたには

わんわん自己回帰セッションの説明はこちら!

 

「セラピストあらた」 から あなたに

わんわんわたしからのメッセージこちら!

━━━━━━━━━━━━━━━━