“自分自身を生きれて来れなかった”あなたへ「本当のあなたってどんな人? 何が好きで、何が嫌い? そして真に望むモノは何?」

生きづらい、自分の価値がわからない、虚しい、孤独、消えたい…居場所がない、アダルトチルドレン … 独りで そんな想いを抱えてませんか。 わたしと一緒に あなたの潜在意識の底の”本来の あなた”に逢いに行きましょう。 あなたの真の願いに触れる為に。 そして あなた自身に戻る為に。

人間が一番後悔することってね

ま、いっか

次にやればいいか

明日から、

またでいいや

わたしは無理だから、いいや

 


そうした日常の小さな自分との約束

(ルーティーンとも言う)

または

面倒だなぁって流しちゃう

それ、なんだから

 

 

 

出来ない頃になって、

ふと

あれをやっていたなら…

続けていたなら…

始めてたら…

 


って思うんだから。

 

 

 

わたしは幸せな人生とは

後悔しない人生だと思います。

 


苦労しない人生でもなく、

失敗しない人生でもなく、

物事が仮に未完であろうが、

自分は自分でやり切ったな、と振り返って自分自身を誇れること、が、幸せでしょう。

 

 

 

夜中にふと襲ってくる後悔があるとしたなら、それはあなたが出来るのに(成功するか、ではなく、チャレンジすることが出来ると言う、出来る)やらなかったこと、なのだから。

 


チャレンジしなければ、

経験は出来ず

経験値を地道に積み上げなければ

成長はなく、

成長がなければ真の自信は産まれません。

 


自信がなければ、

自分への誇りは生まれない。

つまり自尊心は育ちません。

自分に自尊心がなければ、


他者を本気で尊重することは出来ません。

 

 

 

自尊心があるならば、

他人の幸せを、

やっと心から祈れることでしょう。

 


自尊心を持って生きること、

それがこそ、自分のあるがまま生きることだし、他者のあるがままを受け入れる一歩です。

 

 

 

故に、

幸せは自分でやる責任が自分にあります。

他者は幸せにはしてくれません。

繰り返しますが、

自分で行動し、経験値(失敗も成功も)を積み、成長しなければ、幸せを感じることが出来ないから、です。

 

その為に、わたしは何度でも言います。


自らの足で歩きましょう。

わたしは同じことを何度でも言うしか出来ないのです。たとえ、あなたのことをあなた以上に想っていたとしても。

期待をせず、ただあなたがいつか分かってくれることを願って信じて待つしか、出来ないのです。

 


なぜなら主役はあなた、なんだから、、

あなたの人生の主役はあなたなんですから。

 


なお、あなたはいつも〇〇さんが、

△さんが、と言っているのに気づいていますか。

 


違いますよ、わたしが〜

と物事を捉える時に自分を主語にしてください。そうしなければ責任をとらなくてすむ子どものままです。

 


自分自身の責任は負わねばなりません。

 


他者に背負わせてはいけない。

それぞれがそれぞれの責任を背負うなら

誰も倒れたりしない。

それこそが平等の世と言うものです。

 


勘違いしないで欲しいのは、

あの人の方が軽い、楽だ、とうらやんだり、比べたりして、責任を均等に割り振ることではありません(ですが、今の日本の特に教育現場はこれですね)

 


それぞれがそれぞれに似合った責務を負う、これが真の公平な世の中です。

 

 

 

自信がないのは自ら責任を負った経験がないから、です。

ならば経験を重ねなさい。

 

 

 

あなたがその経験を重ねた暁に、

きっとわたしはそちらに行きますよ。

あなたの生きた大地に挨拶をしに。

 


今を大切になさい。

今、の積み重ねが人生なのだから。