“自分自身を生きれて来れなかった”あなたへ「本当のあなたってどんな人? 何が好きで、何が嫌い? そして真に望むモノは何?」

生きづらい、自分の価値がわからない、虚しい、孤独、消えたい…居場所がない、アダルトチルドレン … 独りで そんな想いを抱えてませんか。 わたしと一緒に あなたの潜在意識の底の”本来の あなた”に逢いに行きましょう。 あなたの真の願いに触れる為に。 そして あなた自身に戻る為に。

心の傷の被害者、というスタンスから抜けだしていくこと

わたしは前より更に流れに乗る生き方になってきました。セッション対する姿勢もそうかもしれません。

前の方がぐいぐい行ってたと感じます。

しかし実行するのはクライアントさん本人なもので。

わたしがぐいぐいしてもな…

と言う心境なのだと思います。

気張るのはクライアントさんでわたしではないから。

 

あなたにわたしが必要な場合は、

交差しますから。

あなたが言い出すかもしれないし、

わたしが見かけるかもしれない。

ふっとね。

そんなふ…が多くなりました。

 

その時にわたしの手を取り、

自分の人生の流れに乗るか、

そこに留まるか、

それはクライアントさん次第です。

 

そうしたい

 

なら、

クライアントさんがするしかない。

 

 

わたしはその人が狭い自己と思い込んでいる、慣れたしかし閉ざされた、虚構の場所から脱する道を指し示し、あなたに寄り添い、勇気づけをし、あなたの成長を見守りますが、しかしそれしか出来ません。

金山のカナリアの様なもの。

 

なりたい

 

なら、やってください。

 

観て、ください。

世界を。

正しい世界を。

 

 

あなたの勝手に決めた、

そうだろう、

どうせ、を取り払った、

そのままの姿を。

 

なぜそれが怖いか。

それはそうした様に他者を見たら、

自分のそのまま、を見ざる得ないから。

 

裸のあなたが、ありのままのあなたが見えてしまう。

 

悲劇のヒロインなら恨んで他者のせいに出来ていたことも、実は自分がしてこなかったからなんだな、と言う責任も見えてくる。

 

しかし、

わたしは可哀想、

あの人はズルい

そう言って

 

見えない、

または意図的に見ないなら、

子どものままいられますから。

それを選ぶ。

 

または、

したことないから。

 

生きることは初めてばかりですよ。

誰しもが。

 

 

 

 

でもこのところ、

ふらっと顔を出すと、

自分の人生の宿題を溜めてしまった人が、

いい加減、ツケを払いなさい、

と、突きつけられているのに出逢うのが多くなりました。

 

 

これを、

なんでわたしが…

または

コロナ禍だから被害者

 

と、とるか

 

これは自分の人生の課題である

もう逃げられないのだ、

 

と、とり真剣に自分自身を見直すか

の瀬戸際だと思います。

 

 

そうするとよく、

 

わたしには無理、

出来ない、

才能ない、

弱いわたしには無理

 

と言われる人がいますが、違いますよ。

 

人生の課題、宿題は

あなたが、こなせること。

あなかが、やるべき、こと。

 

つまりは本気度、やる気次第です。

 

才能の問題ではありません。

 

やってないから溜まっただけです。

 

会社の仕事は誰か代わりにやってくれますし、家事も誰かに押し付けられる場合もありますが、

 

あなたの人生の宿題

 

これは食べることやトイレなどと同じで、

他者が代わりには出来ません。

 

よくわたしの使命、わたしの魂の課題、

などを愛に生きる、とかかっこよく(???わたしには理解出来ないけど、そんな風に言ってるように見える)してますが、

使命を果たしたいなら、義務=宿題、をしなきゃ出来んですよ。

義務=宿題が、ある意味、あなたの使命を果たす為のトレーニングなのだから、

それから逃げて、

使命も、魂の仕事やらもないでしょう。

宿題すら出来ない人が魂の使命とかカッコつけて(?そう言う風にみえる)言えば良いでしょうか。

 

 

 

つまりは、なりたいな、で終わること、

は自分を裏切ることです。

やること、をしなかった、と

人生を後悔することです。

 

 

これは気を氣と書く人によくありまして。

 

わたしも好きな漢字だから前に使ってましたが、字を変えたから何かなる訳ないです。そんなものゴルフを練習もしない下手な金持ちが買い揃えたブランド品のゴルフバックにすぎません。

数々の法則、とやらも同じこと。

いや全てそうでしょう。

 

道具がどんなに素晴らしくても使い手が一番道具に命を吹き込むのだから。

使う人の努力、心根、人間性が主です。

それをやらずに道具ばかり揃えたところで何もなりません。

 

上手い人は、どんな場所でも道具でも出来ます。ブランド品にばかりは頼りません。

 

 

勿論、道具も職人の心が入ったもの、であり、使い手も本質が分かる人の相乗効果は素晴らしいでしょうが。

 

道具を揃え、

セミナーで勉強になったー

法則知ったー

って

 

それよりやることあるだろう

 

って話です。

 

正直、気を氣と書く傾向にあるタイプの人の方が変化が遅いです。

(あくまで傾向ですよ)

だって自分の課題より字を変えることの方が楽で、かつ努力してる満足感はある。

してなくは、ない、から余計。

 

それで

してるのに!!!してるのに!!!

なんでわたしは、ってなるから。

 

これが罠ですな。

 

本当にしなきゃいけないのは自分をしっかり客観視して足りない部分は工夫をし、出来る部分は認めるが

 

 

それじゃない、

あくまでそれは、おまけ。

 

あなたがやってることは。

本筋から逸れない、

逃げない、

誤魔化さない、

自己説得しない=頭だけで、思考だけの声を真実だと思わないこと、

 

 

パワーストーンだって

パワースポットだって

同じこと。

 

悪いものじゃない。

けれど本流じゃない。

あくまでもヘルプ。

どころか間違いをしていたら手伝ってくれません。

 

 

 

わたしは最近しみじみ思うんです。

 

何があったか、

体験したか、

では可哀想な人にはならない、と。

 

可哀想な人とは

 

何かあった、された、ではなく、

 

されたわたしは可哀想

あの人は幸せ、ズルい

と言ってそこから自分では動かず、

誰かがしてくれる、

としてもらうことばかりを期待しては

されずに、わたしは不孝だと思う人だと。

 

人は何かを持っている

から幸せなのではありません。

 

人も、金も、物も、いずれ去ります。

誰からも。

 

その度に嘆く羽目になります。

それは幸せではないでしょう。

条件で左右される幸せの基準なんて

他人任せじゃないですか。

 

依存から出てください。

幸せは自立の道からありますよ

 

❏ お知らせNEW 
右矢印 自己回帰セッションお試しにリモートメニューを追加 

 

 

❏ プロフィール
❏あらたからあなたへメッセージ
❏ セッションメニュー

◆心を癒し、

「あなた自身の生きる力を取り戻す」

右矢印【心理セラピー詳細】!

 

◇癒しから自己実現
「あなたの生きる意味を見つけ出す」

右矢印【自己回帰セッション】詳細!

 

参考コラム

右矢印心理セラピーと自己回帰セッション